Seeking a better Life ~ADHDとともに生きよう

ADHDの日常をサプリメントやグッズで改善したい。海外の発達障害関連記事などから、効果のあるADHD用サプリメントやグッズ・ガジェットを紹介します。

エイメン式ADD ADHD分類 ~ ADHDは7つの傾向にわけられる

エイメン式 ADD ADHD 分類をご存知でしょうか?

日本でもADD ADHDの関連情報を検索していると

何度かご覧になられたことがあるかもしれません。

 

 

-------★クイックアクセス★-------

[:contents]

 

 

 

 

★エイメンクリニックについて  The Amen  Clinic

 

このクリニックでは

 

75% of participants reported experiencing considerable improvement after six months when treated with the Amen Clinics Method.

 

75%の治療参加者がエイメンクリニックの治療によって
6ヶ月以内にかなりの改善を経験していると報告しています。

 

We have performed more than 115,000 SPECT scans on patients from 111 countries.

 

115000回の*SPECTスキャンを111の国々で行っています。

 

 

とHPに治療の効果をうたっています。アメリカ国内7ヶ所で

クリニックを開設していて、ADHDだけではなく自閉症、うつなど

精神科全般を取り扱っているクリニックです。

 

 

 

★ SPECT って?

 

SPECTを使って診断するのがこのクリニックの大きな特徴。

ではこのSPECTとはどういうものなのでしょう?

 

MEDICAL NEWSというサイトではこのSPECTについて

画像入りで説明しています。

 

www.news-medical.net

 

このサイトは英語版を自動で翻訳しているのでやや

訳が変ですが(・。・; 大体わかると思います。

 

SPECT検査は脳梗塞検査にも使われています。

この検査では脳における血流の量を見ていくことになります。

マーカー(例えばドーパミンを測るなら、そのマーカー)を

のせ、血液の流れを見ることで、

血流が多いところ=高い反応、血流が少ないところ=反応が低い
と見分けていく事になります。

 

このマーカーの画像上の偏りでADD/ADHDの分類をして
傾向を探っていくために、このクリニックではSPECT利用を
しているのです。

 

 

★ADD・ADHD 7つの分類

 

このようにSPECTで脳の使われている場所を把握し、

それによってADD・ADHDのタイプを7つに分けて

それぞれにあった治療を施していきます。

 

 

分類型は7つあり、

www.amenclinics.com

 

Type 1: Classic ADD (以前から定義されているタイプ)

Type 2: Inattentive ADD (不注意優勢型)

Type 3: Overfocused ADD(過集中型)

Type 4: Temporal Lobe ADD(側頭葉型)

Type 5: Limbic ADD (辺縁形型)

Type 6: Ring of Fire ADD (火の輪型)

Type 7: Anxious ADD (不安型)

 

 

この7つに分類されます。それぞれについては次の投稿から

一つづつ書いていきます。

 

 

★エイメン式ADD ADHD分類の信用性

 

このクリニックはこれまでとは全く違う手法で治療を進めて

いるので、批判も多くあります。

 

エイメン博士ご自身が 「パラダイム・シフト」だと

おっしゃっていらっしゃるように、既存の治療とは

全く違うものですから賛否が分かれるのは仕方がないこと

なのかもしれません。

 

パラダイムシフトといえば夏井先生の湿潤療法
江部先生の糖質制限などもその一つだと思うのですが、
これらにもやはり異論もあります。

 

たこのクリニックは治療費がかなり高額と言われていて、
アメリカのADHDサイトのコメントによると、$3500~
$5000(50万以上)が最終段階までにかかるようです。

 

もともとアメリカの医療費は高額ですから、一概に
これが不適切かどうかはわかりませんがこの点も
批判を浴びる対象になっています。

 

何を信じるかは個人によって違います。
私自身は機会があれば一度クリニックで診察を受けたい
と思っています。


検査をして悪くなるわけでないのなら、できることは
なんでも試してみたいと思う気持ちも。

 

 

 他の方のブログもよく拝見しています。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村